default_mobilelogo
吉野川と海が出合う河口干潟の観察会

201902321

 

日 時: 2019年5月18日(土)10:30~12:30 少雨決行
場 所: 吉野川南岸の最河口干潟(徳島市北沖洲4)
集 合: 吉野川南岸堤防東詰
持ち物: 帽子、飲み物、足洗い用の水、長靴またはよごれてもよい靴(足の指先がでていないこと)、小さい子は着替えを持ってきてね。
主 催: とくしま自然観察の会&海の生き物を守る会&吉野川ひがたファンクラブ
参 加: 大人300円、高校生以下100円(資料・保険代)*小学生は保護者同伴・事前申し込み必要ありません。
問合先: 088-623-6783 (とくしま自然観察の会)kansatsunokai@gmail.com

 

日本一の川幅を持つ吉野川河口。

川と海の絶妙なバランスが保たれている河口において、

川と海が出合う場所ならではの多種多様な生物観察を行います。

講師は、海の生物を守る会(京都)海洋生物学の専門家のの向井宏先生です。

海の生き物を守る会

詳しくはこちら

日本最大級の汽水域と河口干潟を誇る吉野川。

私たちは吉野川河口のラムサール湿地登録をめざします。

 

The YOSHINO‐GAWA RIVER, the river with the largest class of estuarine zone and tidal flat in Japan.

We are aiming for The YOSHINO-GAWA River to be designated as a Ramsar Convention site.

Image Alt

世界に誇りたい 吉野川河口域

Please come and see our lovely Yoshino-Gawa Estuary

View more

日本の代表的な河口域が危機にある!!



吉野川河口干潟の見どころ

 

ドローンによる干潟の風景

top 01

吉野川河口には、いろいろな干潟の環境があります。

トピックス

top 02

1年を通して、とくしま自然観察会は様々な活動を行っています

シオマネキ

top 03

毎年そーっとシオマネキの赤ちゃん(アオガニ)を観察。宝石のようなアオガニはこの時期だけのお楽しみ!

トビハゼ

top 04

顔も動きもひょうきんなトビハゼは根強い人気者です。

気持ちイイ―!!

top 05

この場所をこのままに残したい!この環境を残したい!!

吉野川河口干潟の資料
  • slide_01
    ラムサール条約湿地登録を目指して(JAPANESE)
  • slide_01
    ラムサール条約湿地登録を目指して(ENGLISH)
  • slide_01
    吉野川をラムサール条約湿地に登録しましょう
  • slide_01
    とくしまの自然 No.89

  • slide_01
    吉野川河口の貴重性とその保全活動
  • slide_01
    吉野川の干潟で記録された底生生物相と河口域の生物多様性の保全

吉野川河口干潟の資料をもっと見る